お菓子もおつまみも乗せるだけでより魅力的になる 漆塗りの椿皿(M)/佐藤 史幸(秋田・川連塗 寿次郎)

夜の晩酌のおつまみ
休憩時間のおやつ

買ってきたままのパッケージでいただくのも良いけれど、
そこはちょっとひと手間、漆の器に盛り直すだけで、より一層おいしそう。
晩酌が、おやつタイムが、贅沢な時間に変身します。

椿の花を横から見た形に似ていることから「椿皿」と呼ばれるようになりました。
古くから続くデザインの力を感じる器で、和洋 問わず、菓子皿や取り皿として使用頻度の高い定番の器です。
こちらは、直径15.1cmで取り分け皿としても大活躍間違いなしです。

産 地|秋田県湯沢市川連
素 材|栃材・漆・砥粉・地ノ粉(珪藻土)

電子レンジ:×
食洗器:×
オーブン:×

■サイズ
直径 15.1cm 高さ3.3cm

■製作者
佐藤 史幸(秋田・川連塗 寿次郎)
800年以上の歴史を持つ、秋田県湯沢市川連の漆器。国指定の伝統的工芸品。東北の木地素材を時間を掛けながら燻製乾燥させて作る、昔ながらの技法にて製作しています。
これにより割れの原因となる狂いや歪みが軽減し、防腐や防虫の効果を生み出しています。

栃の木は軽いのに丈夫で、断熱性・保温性にも優れています。また、仕上げの上塗りが厚いのも川連漆器の特徴。
艶を押さえた漆本来の優しい風合いを花塗りで表現し、さらに使い続けるうちに色と艶が増していきます。

漆の経年変化による自然な色艶を、楽しんで頂けましたら幸いです。

■発送までの期間
購入日から約17日以内に発送いたします

※販売価格は、商品価格に送料を足した価格で表示しております。
※まとめてご購入いただいた場合でも、送料の値引きはできかねますことご了承くださいませ。
※自然の素材を使用した商品のため、色合い、手触りなどに個体差がございます。それぞれの商品の個性をお楽しみください。
  • 6,050円(税550円)

型番 1005070