アイスやスープを 抜群の口ざわりで味わう 津軽塗りスプーン/青森県漆器協同組合連合会

冷たいアイスクリーム、温かいスープを食べるとき、
唇についたスプーンが、想像以上に 「熱い!」「冷たい!」と思われたことはありませんか? 

津軽塗りのスプーンは、金属に比べて温度を伝えにくい漆の特長を生かして、
冷たいものも、温かいものも、極端な温度を唇に伝えることなく、
お口の中まで運びます。

また、木と漆でできたスプーンはとても軽く、手になじんで持ちやすいことも特徴で、
「一度漆塗りのスプーンを使い始めるともう戻れない」というお声も。
食べ物の味に集中できるので、食事の時間がより一層楽しみになりそうです。

漆で仕上げられたお箸は、表面に汚れが付きにくく、清潔さが保たれます。
さらに、丁寧にご使用いただくと十年以上も使える、丈夫さも兼ね備えています。

ぜひ、毎日あなたのもっとも身近でお役に立つことのできるスプーンとして
お選びいただけたら嬉しいです。


■長くご愛用いただくために
お手入れ方法:
手洗いか、柔らかい布をご使用ください。研磨剤入りのスポンジ、金属たわし、クレンザー等は破損の原因になりますのでご使用にならないでください。洗剤を使う場合は、台所用洗剤をご使用ください。
※万が一、塗りの面に傷や欠けが生じた場合は、aeruのお直しサービス(塗り直し)をご利用いただくことが可能です。

■サイズ
長さ:約20.0cm

■製作者
青森県漆器協同組合連合会
(制作に携わっている9名の職人のうち、若手職人2名をご紹介します。)

小林 正知(こばやし まさかず)
百数十余年、津軽塗りの製品開発から、製造、卸し、小売りまでを一貫して手掛ける小林漆器の六代目。
「常に新しい事に興味を持ち、チャレンジし、発信する」というコンセプトのもと、新しい素材やアイテムとのコラボレーションも盛んに行っている。

増川 泰治(ますかわ やすはる)
北海道札幌市生まれ・現在青森県弘前市在中。
幼い頃からプラモデルなどモノづくりが好きな少年だった。
28歳のときに偶然「弘前市の津軽塗後継者育成事業」の新聞掲載を見つけ、サラリーマンから津軽塗職人となる。


■発送までの期間
購入日から約10日で発送いたします。
※販売価格には、送料が含まれております。
※自然の素材を使用した商品のため、色合い、手触りなどに個体差がございます。それぞれの商品の個性をお楽しみください。
※写真のお色味については、できる限り実物の色に近くなるよう努めておりますが、写真をご覧いただく環境によっても見え方が異なることをご了承くださいませ。
  • 3,355円(税305円)

型番 1018106